役立ち情報

水着素材マスクはウイルスに効果なし?使用感など調べてみた

コロナウイルスの予防に必須アイテムの一つである「マスク」

ここへ来てマスクの供給量もふえつつあり、安堵感も漂う中で、暑い夏が到来しようとしています。

多くの人がマスクを装着しながら夏を迎えるため、マスク装着により熱中症患者の急増が懸念されています。

夏でもマスクつけていたいけど、「熱中症大丈夫かな~」と心配ですよね。

そんな中、通常のマスクと異なり、暑い夏でも爽快な着け心地と話題の「水着素材で作られたマスク」が登場しています。

大変気になりますね。

今回は、水着素材マスクについて調べてみました。

水着素材マスクの使用感は?

水中で動くことを想定して作られた素材なので、伸縮性が抜群で、さらに顔に馴染む感じでフィットする独特の着け心地です。

布マスクと違って、水で何度洗っても縮むことがなく、形が大きく変わることはまずありません。そして、シワにもなりません。

速乾性に優れているため、部屋干しでも数時間で乾いてしまうことも大きな魅力です。

洗って乾かすのが楽なので、自然と洗う回数も増えるので、衛生的にも良いでしょう。

注文が殺到!「水着素材マスク」購入はこちらから↓

水着素材マスクのメリット

不織布マスクや布マスクと比べるなら

通気性の良さ

繰り返し使える経済性

耳への当たりが優しい

などが挙げられます。

その他には、伸縮性がよくて口元になじみやすい、、水洗いした後の乾きが早い、などがメリットとしてあげられます。

個人的にには、「耳への当たりが優しい」は嬉しいメリットですね。

ものによりますが、ずーっと着けていると耳の後ろが痛くなってくるので、時々はずしてしまいますが、水着素材マスクならそれは無さそうですね。

しかし、メリットが多いように見えますが、当然弱点もあります。

水着素材マスクのデメリット

水着素材は織物であり、作りの構造として目が粗いのが特徴です。

そのため、大きさ「直径0.1μm」といわれているウイルスをとらえることは難しく、ウイルスの侵入を防ぐ効果は低いと考えられます。

1μm(マイクロメートル)は1mm(ミリメートル)の1,000分の1なので、ウイルスはどれほど小さいのかわかるでしょうか。ちなみに、花粉は30μmとウイルスと比べると意外と大きい事がわかると思います。

装着感も、通常の不織布マスクや布マスクと違って、口周りにフィットする感覚も人によっては不快に感じるかもしれません。

注文が殺到!「水着素材マスク」購入はこちらから↓

水着素材マスクはウイルスを防ぐ効果なし?

先ほどのデメリットで説明したように、水着素材マスクはウイルスを防ぐ効果はあまり期待できません。

しかし、装着する事によって「飛沫飛散効果」は期待できるため、咳エチケットには十分機能すると思われます。

不織布マスクや布マスクと違って、外部からのウイルスの侵入を防ぐというより、自分の飛沫を外に出さない(=咳エチケット)のためのものだと理解しましょう。

現時点では水着素材マスクの網目のサイズは公表されていないので、公表値が出たら花粉症対策にも使用できるかどうか目安になるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

ウイルス対策にマスクは絶対必要ですし、マスクをつけないで外出するのも人目が気になりますよね。

水着素材マスクなら、暑くても爽快な着け心地で使い勝手も優れているために大変人気となっています。

水着素材マスクで、安全に、快適に夏を乗り気入りましょう!

注文が殺到!「水着素材マスク」購入はこちらから↓

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まーさん(パパ)

大阪在住の3児のパパブロガーです。毎日の生活でお得な情報や役立ち情報を家族ぐるみで発信していきます。子ども達の笑顔に支えられて毎日奮闘中です!メッセージ等あればお気軽にどうぞ!

-役立ち情報
-, ,

Copyright© ちりもつもれば福来たる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.